YASOKICHI TOKUDA 徳田八十吉

YASOKICHI TOKUDA 徳田八十吉

 

何が美であるのか。これは、とても難しい問題です。個人的な意見としては、その対象物から大きな驚きや衝撃を受けることに、美のファクターが潜んでいると思います。

今回、紹介する徳田八十吉氏の作品は、釉薬の妙技によって織りなす「美」が圧倒的であります。これによって、多くの人々が大きな衝撃を受けるでしょう。この衝撃にこそ、他の作品との違いを際立たせるオリジナリティを私たちは感じてしまうのです。オリジナリティとは「美」がなければ、成り立たないものなのかもしれません。

ところで、徳田八十吉は重要無形文化財の保持者です。

日本には、この重要無形文化財の保持者、つまり人間国宝と呼ばれている人がたくさんいます。彼らが全て「美」という観点で何らかの貢献をしてきたのか、と言われれば、それは違います。

つまり「美」とは、国宝や資格によって担保されるものではないのです。

 

 

Artist(s): Medium:

コメントを残す