Category Archives: WARNING

戒めの記録8

戒め14「信用をつくるまで出しゃばるな」 信用もないのにでしゃばったまねをしてしまうと痛い目にあいます。はじめは御用聞き、利益0くらいに徹する覚悟で、かつ、道理に準じた商品を届ける。そうして信用が出てきて、利益をとってい… Continue reading

Category WARNING

戒めの記録7

戒め13「労働の幸福の重要性」 1日24時間は万人に平等に与えられています。8時間が睡眠。8時間が仕事。残りの8時間が食事その他の余暇。おしなべて考えれば、ほとんどの人が、こんな生活体系になるはずです。すると、8時間の仕… Continue reading

Category WARNING

戒めの記録6

戒め12「成功と失敗」 成功するってことは、失敗をたくさんし、それでもなお意欲を持ちつづけている人にだけもたされるものだと思います。

Category STARTUP, WARNING

戒めの記録5

戒め11「革新と地道な作業の関係」 新しい産業を生み出すという意味での競争は、同質的な競争とは違うように感じてしまいます。しかし、多くの場合、創造的な仕事というものが、ルーチンワークに対する地道な改善の中でこそ見出される… Continue reading

Category WARNING

戒めの記録4

戒め10「社会的使命としての適正価格と適正賃金」 適正価格とは、サービス(プロダクト)が着実に売れていくための最低価格であり、適正賃金とは雇用者が安定的に支払うことのできる賃金のうちの最高のものだと思います。この2つを追… Continue reading

Category WARNING

戒めの記録3

戒め9「繁栄は、繁栄をもたらした人々と共有する」 繁栄してしまうと、突如として上から目線になったり、自分の身の丈を勘違いしてしまいます。確かに、繁栄をもたらしたのは、自分の努力である、と言えなくもありません。しかし、第1… Continue reading

Category WARNING

戒めの記録2

戒め8「全ては自分の材料」 自分の身に起きていることは全て自分を形作る材料だと思うべきだと思います。悔しさや悲しみ、不幸、不運など全ては自分という存在、自分という芸術を作り上げる材料であり道具なのだと思います。自分に与え… Continue reading

Category WARNING

戒めの記録1

新シリーズです。   戒め1「是非の基準と話半分」 話半分で聞くとは、後の半分に自分の意志を照らし合わせて聞くためだと思う。   戒め2「他社の模倣を恐れない」 コピーしようとしても、自分達を完全にコ… Continue reading

Category WARNING