Monthly Archives: 3月 2013

インスピレーショナル存在としての子ども

子ども達に如何にインスピレーションを与えられるか、ということを考えてきたつもりであった。そして、その想いは今でも変わらないし年長の人間として一つの責任であるとも考えている。 でも、よくよく考えてみると、事態はまったくの逆… Continue reading

Category ESSAY

銀河鉄道の夜

一人旅で盛岡にいったのは宮沢賢治に会いたかったからです。石川啄木も素晴らしいけど、なぜか宮沢賢治に惹かれる。 宮沢賢治さんの作品の描写は美し過ぎるんです。なんで、こんなことを思いつくの?って思います。 絶対に、とんでもな… Continue reading

Category MUSIC/VIDEO

詩作64

No.84「卒業」 新しい時代を創るために頑張って下さい 奴隷のように忍従するだけではダメなんです 権威あるものの下らない衝動で動いてしまいがいちな世界を あなたたちの綺麗な詩で満たすのです 頭から呑んでかかって失敗しな… Continue reading

Category SONG

本のユーザビリティ

88歳のじいちゃんがkindleを買った。山本五十六を読んでいる。 本を読むことから20年近く遠ざかっていただろう、じいちゃんが本を読むことに熱中しているのは素晴らしいことだと思う。 多くの老人が本を読むことから遠ざかる… Continue reading

Category ESSAY