Monthly Archives: 8月 2011

冥土の土産って何

いつか自分は死ぬってことを考えてもすぐに忘れてしまったりする人が多いのではないでしょうか。僕もそうです。

でも、やはり人は死にます。当たり前だけど、自分も死にます。何もなくなるっていうか、全てが無になるっていうか。だから、生きている時にどんなに頑張っても、それは自分の中に残るわけではありません。だって死んだら、自分という存在がなくなるのですから。自分の頑張りは、表面的には(生きている間は)自分のためであることは間違いないでしょうが、最終的には、自分が死んだあとに残された人達のためにならざるを得ないって言える。 Continue reading

Category ESSAY Tags

Couperin – Les Barricades mysterieuses

なんか落ち着く。ず~っと聞いていても良いような気分。

世界の皆様、おやすみなさい。みなさんの明日に幸あれ。

シンゴ・クリハラ Continue reading

Category MUSIC/VIDEO Tags

人モノカネは並列ではないことについて

人モノカネの前提は、人とモノ、カネを同列の関係で考え、それぞれを別個に論じるべきだと言われているような気がしてなりません。でも、それって本当に正しいのか。 Continue reading

Category ESSAY Tags ,

ツリーオブライフ

映画ツリーオブライフを観ました。 Continue reading

Category ESSAY Tags

インディペンデントと感動と興奮と

感動のない日々とか興奮のない日々では、言語的なアウトプット創出することはできないと思います。

小さい子供は、日々起きたことを「あのね、あのね」と言いながら一生懸命に話します。大人である僕達からしてみれば、子供たちの話す内容は、日々のちょっとしたことに過ぎないのですが、彼・彼女らからしてみれば、その事象は感動したことだったはずです。 Continue reading

Category ESSAY

60年間の友情

僕のじいちゃんのこんな話を聞いたのは、去年の夏だったと思います。

じいちゃんの妻、つまり僕のばあちゃんが無くなって数ヵ月後だったと思います。
Continue reading

Category ESSAY

60年間の友情

じいちゃんは陸へと戻りました。じいちゃんは僕に話していなかったですが、おそらく、この時Hさんの死を覚悟したに違いありません。というのも、Hさんに残された特殊潜航艇内の酸素量は、もう少なくなっていたからです。
Continue reading

Category ESSAY

60年間の友情

「早く行かなければHは死んでしまうぞ!!」そんな声もありました。特殊潜航艇の中には8時間分の酸素しかありません。
Continue reading

Category ESSAY Tags

60年間の友情

僕のじいちゃんは海軍士官学校を卒業すると、特攻部隊に配属されました。この特攻部隊の使命は、回天という約600キロの爆薬を積んだ特殊潜航艇を操作し敵戦艦が現れた際には、突っ込むこと。そうして、敵戦艦を撃沈させる。もちろん、敵戦艦の撃沈とともに自らの命も断たたなければなりません。 Continue reading

Category ESSAY

師の2類型

圧倒的な個性と力量を備えた人には、恍惚な魅力と恐怖感があります。

その魅惑に魅了された人々は、彼の周りに群がって、一団を形成します。 Continue reading

Category ESSAY Tags ,