Monthly Archives: 7月 2011

意識

昨日、駅から自宅までボーッとしながら歩いていて、なんとなく空を見上げてみると、なんか異常な感じがしました。なんだ、この灰色の馬鹿でかい天井は、みたいな感覚。そういう感覚のままで、歩道に等間隔で配置されている木を眺めると、なんかこれも、なんだこの妖怪みたいに入り組んでいる化け物は、みたいな感じがしました。 Continue reading

Category ESSAY Tags

ヤクザvsギ―ク

今日は、とある会社の代表取締役に会ってきました。面接でね。

代表は、おそらく自分の3つ下。つまり25歳。その横にいた事業部長は26歳。 Continue reading

Category ESSAY

自我を捨てる努力

孤我に自身の理想を追求する。もちろん、そこには大いなる決断と覚悟がある。そういう人が好きだし、偉大だと思うし、自分もそうなりたいと思う。でも、自分は、直ぐに安易な方向へ向かう。向かうべき方向性のセンスも良くないかもしれない。
Continue reading

Category ESSAY Tags ,

語れない人

色々とネットビジネスとその周辺についての記事やブログを読んでいます。理由は、単純に興味があるからでもありますし、自身が、この領域において、今一度起業してみてみたいと思うからです。 Continue reading

Category ESSAY Tags

賭け

人生は賭けです。 Continue reading

Category STARTUP Tags ,

歴史と生態

最近は、彼女の母の紹介で梅棹忠夫先生の著作を読み返しています。

先生の著作を読んでいると、その先見性に驚くと同時に、自分には見えていない世界がまだまだあるのだな、とつくづく感じます。
Continue reading

Category ESSAY Tags

自己理解

それは、単なる虚栄心なのか、それとも野心なのか。それは、逃げなのか、攻めなのか。そんな単純な線引きでさえ、結構難しいような気がします。

自分の心を覆っている色々な雑草を取り除かないことで、そんな単純なことでさえ、自己理解できなくなってしまいます。 Continue reading

Category ESSAY Tags ,

想像力

「いかなる分野でも共通して必要とされる重要な能力が、1つある。それは想像力だ。」

君主論 の作者、マキャベリの格言です。政治でも商売でも教育でも医療でも、なんでも想像力が重要であるということです。
Continue reading

Category ESSAY, STARTUP Tags

覚悟

「応援したくなる企業」の時代 という本をパラパラと読んでいます。この本の帯には、「売らない企業が生き残る」とも書いています。

まだ読み切った訳ではありませんが、内容の骨子としては、小手先のマーケティングや顧客に媚を売ってモノ(有形・無形問わず)を売りつける時代は終わったと。その理由は、単純で生活者が、これまでの供給者(大企業・政府・大手マスコミ)のやり方に辟易としたから、ということです。
Continue reading

Category STARTUP Tags ,

忍耐

ある経営者の話では、経営に最も必要なのは忍耐だと、言っておりました。

その通りだなぁ、と思いました。ビジネスアイディアは、ほとんど失敗します。それは、やり方の問題かもしれないし、ビジネスモデルの破綻かもしれないし、資金の問題、スキルの問題、ニーズの問題かもしれません。とにかく当たらないのです。確かユニクロの柳井氏も1勝9敗と言いますが、こちらの思い通りにいかないのが経営であって、「ココだ!!」というポイントを見つけるまで、耐えて耐えて耐え続ける力=忍耐が必要、だということです。 Continue reading

Category STARTUP Tags ,