詩作83

No.107 「卒業」

こころ に あな が あいた みたいで

くたくた の スーツ の ように

つかいふるされた ぼくは くりーにんぐ が ひつよう かも しれないし

すてて しまった ほうが よい のかも しれないし

それでも ぼくは ぼくで そんな ぼくが すきだったりして

わかれ を みつめれば みつめる ほど

いま という じかん が もう にどと こない こと を しって

とても かなしい けど うれしい

だって ぼくらには みらい が あるのだから

おわり は ぼく に なにを おしえて くれた ?

きみ が とても すきだ ということ

それと きみ の ために みらい を つくること

きみ に であって

そして おわって

だから ぼくたち は あゆめる の だね

こころに あな が あいても あゆむ しか ないんだね

 

 

Category SONG